トップページへ

7月29日に開催された森林の仕事(ミニ)ガイダンス開催レポートをアップしました。

2017/8/21

森林の仕事(ミニ)ガイダンス開催レポート

 

2017年7月29日(土)に東京駅近くの移住・交流情報ガーデンにて森林の仕事(ミニ)ガイダンスを開催しました。
このガイダンスは、森林・林業に関心を持つ方を対象に、林業の基礎から実際に就業するための流れ、またそれを支援する制度などの情報提供や、実際に相談ができるイベントになります。来場者の中には長時間相談される方も見られ、内容としてとても濃いイベントになりました。

9月2日(土)にも同じ内容でイベントが催されますので、林業についてじっくりと調べたいという方がいましたら、是非ご参加ください。

森林の仕事(ミニ)ガイダンス開催情報

オリエンテーションコーナー

受付を済ませた方は、まず大型モニターを使い、日本の林業の現状や「緑の雇用」事業、林業への就業の流れなどについて動画でオリエンテーションを受けました。
来場者の方々は、林業の仕事内容や就業するための流れなどを学び、次につなげるために何が必要なのかを、イメージすることができたかと思います。

相談コーナー

次に、全国森林組合連合会の相談ブースにおいて、林業の基礎情報から、「緑の雇用」制度、林業就業支援講習、林業就業までの流れなど幅広く相談にお答えしました。また、今回は都道府県ブースとして高知県が参加し、高知県の林業の特徴や就業について相談にお答えしました。

今回相談に来られた方は、年齢や性別も様々で、質問内容は林業についての仕事内容だけではなく、実際に就業する際の支援制度や女性の現場進出の現状など多岐にわたり、長時間相談をする姿も見られました。

展示コーナー

会場では、実際に林業で使用する防護衣などの安全用品や、研修生のインタビューなどをまとめたパネルを展示しました。
安全用品は実際に触れることもでき、来場者の方は興味深そうに触ったり、スタッフへ質問をしていました。

来場者の声

来場者は移住についての相談よりも、林業について詳しく調べに来たという方が多く見られました。
東京都在住
20代
男性
現在大学在学中で、これからの進路として林業を選択しています。ネットで林業について調べる中、このイベントの情報を目にしたので参加しました。実家が群馬になりますが、他県の就業も考えているので、今回来ている高知県へも相談してみたいと思います。
東京都在住
30代
男性
都内で植木屋を営んでいます。仕事柄林業に携わる方と一緒に作業をすることが多く、今後の仕事の幅や知識を広げるために参加しました。最終的には林業を営むことも視野に入れながら考えてみたいと思います。
神奈川県在住
20代
男性・女性
林業に元々興味があったので、仕事の内容など基礎的なことから調べに来ました。移住なども一応考えてはいますが、なるべく今の場所から離れないような仕事を探しています。