「緑の雇用」は、明日の森林の担い手を育てる事業です。

2021年10月2日開催
JR九州ホール会場

会場レポート

昨年度に続き、新型コロナ感染拡大防止のため、事前予約制による人数制限、密防止の会場設計、手指の消毒・検温、木製の飛沫防止パネル、つどの消毒など、行政の基準に則った対策を講じ、ガイダンスを実施しました。
本年度のメインビジュアルコピーは、“はじめよう、林業ライフ”です。林業ライフとは、自然の中に身を置き、ワークライフバランスを取る林業従事者の生活のことを指しています。コロナ禍で従来の働き方が見直される中、今こそ「林業の世界の一歩」を踏み出す絶好の機会であることを明るく前向きに表現させていただきました。

会場レポート

2021年10月2日(土)に博多駅駅ビル内のJR九州ホールにて「森林の仕事ガイダンス」を開催しました。会場は、一時期、開催地である福岡県ブースはもとよりオンラインブースも含めた全てのブースの相談席が埋まるなど、大盛況でした。ご来場者は、年令・性別幅広く、ご家族連れやご夫婦、親子で参加される方もいらっしゃいました。
また、福岡会場では、前回の名古屋会場では緊急事態宣言の関係から実現できなかった「フォレストワーカー相談ブース」が設置され、「実際に林業の現場で働いている『緑の雇用』の研修生であるフォレストワーカーから生の声を聞くことができる」と多くの方が相談に訪れ、森林・林業の仕事への理解を深められていました。

フォトギャラリー

ガイダンス動画一覧

2021年度 森林の仕事ガイダンス フォレストワーカートークショー(東京会場)

2021年度 森林の仕事ガイダンス フォレストワーカートークショー(名古屋会場)

開催レポート一覧へ戻る