100年先へ、届ける仕事。

林業を仕事にするということ。

日が昇るころに現場へ向かい、仲間とともに木々に向き合う。
自然が相手だから、1日たりとも同じ日はない。
目下に清々しく広がる手入れ後の森林に立ち、仕事を終える。
その日の成果はすぐに実感できるが、その木を使うのは次の世代かもしれない。
日が沈むころには家族の元へ。道具の手入れをし、明日の、そして100年先の森林を思う。

森林の仕事ガイダンスで、
新しい自分を見つけよう。

森林の仕事がしたいって、声を上げるのは少し勇気のいること。
それは自分たちの環境にとって、本当に必要な仕事なのに、目にふれにくいからだろう。
でも、あきめることはない。きっと自分が手を入れるべき森林がどこかにある。
手を広げて受け止めてくれる人がいて、バックアップしてくれる制度もある。
だから、前に進もう。明日の自分と森林のために。

  • 森林の仕事ガイダンス
  • エリアガイダンス

お知らせ