「緑の雇用」は、明日の森林の担い手を育てる事業です。

2021年9月18日開催
JPタワー名古屋会場

会場レポート

昨年度に続き、新型コロナ感染拡大防止のため、事前予約制による人数制限、密防止の会場設計、手指の消毒・検温、木製の飛沫防止パネル、つどの消毒など、行政の基準に則った対策を講じ、ガイダンスを実施しました。
本年度のメインビジュアルコピーは、“はじめよう、林業ライフ”です。林業ライフとは、自然の中に身を置き、ワークライフバランスを取る林業従事者の生活のことを指しています。コロナ禍で従来の働き方が見直される中、今こそ「林業の世界の一歩」を踏み出す絶好の機会であることを明るく前向きに表現させていただきました。

会場レポート

2021年9月18日(土)にJPタワー名古屋にて「森林の仕事ガイダンス」を開催しました。
名古屋会場では、フォレストワーカートークショーを感染拡大防止の措置を講じ事前予約制にて1部2部のガイダンス開催前に2回実施しました。会場の愛知県が緊急事態宣言下であったことから、実際の林業の現場で働いている「緑の雇用」の研修生であるフォレストワーカーは、オンラインでの出演となりましたが、岐阜県の白川町にてイキイキと働き生活する20代の男女のワーカーが、林業ライフを目指すまで、仕事の楽しさ、厳しさ、生活について伝えてくれました。このトークショーの様子は、ページ下部の「2021年度 森林の仕事ガイダンス フォレストワーカートークショー(名古屋会場)」にてご視聴いただけます。
また、当日は緊急事態宣言下に加え台風16号の影響もあり、大盛況であった昨年度の半数ほどの相談者数となりましたが、相談員がその場に在席しているリアルブース、遠隔地の相談員とZoomで結ぶオンラインブースともに、来場者が熱心に相談に訪れていました。
その他、森林作業の様子がリアルに感じられる「展示コーナー」や「パネル」、各参加都道府県の資料を配布する「資料コーナー」では興味深げな様子の来場者が見受けられました。

フォトギャラリー

ガイダンス動画一覧

2021年度 森林の仕事ガイダンス フォレストワーカートークショー(東京会場)

2021年度 森林の仕事ガイダンス フォレストワーカートークショー(名古屋会場)

開催レポート一覧へ戻る